将来もずっとポケモンしていたい

めざせ最強のポケモントレーナー

【関西シングルFESTA使用構築】最低限対面構築

関西シングルFESTA、および北大阪オフに参加された方、お疲れ様でした。

今回関西シングルFESTA、北大阪オフ、およびレーティングバトルシーズン11で一時使用したPTの供養として記事を書きます。

 

f:id:jet_poke:20150923004215p:plain

 

〇概要

ガルガブボルトと言った、いわゆる「対面構築」で使われるポケモンの使用感を自分でも体験したくて組みました。化身ボルトロスの悪巧みの搭載率の上昇やメタの増加によりゴツメスイクンが使いづらそうな印象を受けたので、それを抜いた上で対面ミラーにもうまく勝ちやすい構築にしたつもりです。目標とするのは完全な択を生じさせないPT。

 

〇個別解説

f:id:jet_poke:20150717182057p:plainガルーラ@ナイト

203-190-108-91-121-123(メガシンカ後)

捨身タックル/不意打ち/グロウパンチ/冷凍ビーム

北大阪オフではメガ後最速キノガッサ抜きの203型にして冷凍ビーム→地震で使用

読みを最低限に減らすグロウパンチガルーラを採用。このポケモンをエースに据えることもあるが、相手のPTが物理受けやクッションをゴツメ持ちに依存してそうな場合、それを破壊し裏のガブリアスを通す流れを作るのが基本戦法となる。冷凍ビームはどうしてもカバルドンがきついために採用を決めたが、ゴツメジャローダが減り、D振りゴツメカバが増加した環境ではCにあまり割いていないガルーラの冷凍ビームは必要ないと判断し、ゴツメ+クチートの並びに少しでも厚くなり、非接触の技である地震に変えた。

参考記事:cloudiaさん 対面構築〜くらぴょん厨パ〜(シングル) - water voice

 

f:id:jet_poke:20150923004643p:plainガブリアス@拘りスカーフ

183-200-116-*-105-154

地震/逆鱗/ストーンエッジ/炎の牙(大文字)

一貫を取りやすいスカーフガブリアス。襷剣舞ガブの方が行動保障がされていて、崩し性能も高いため個人的には好みであるが、積み展開(リザ、ルカリオ)のストッパーや相手のゲッコウガ(ゴツメゲッコウガは気づかなかったら負け)、ライコウ、アロー、ゲンガーあたりのSが比較的高いポケモンの処理にも使えるため採用。前のめりな構築ほど竜の一貫を1匹しか止められなかったり、しかもそれを選出されてなかったりしたので、思っている以上に逆鱗は一貫する技でした。対面ミラーにも一応強い。個体数はいるはずなのにスカーフ警戒行動をされないことも多々あった。

 

f:id:jet_poke:20150717182118p:plain化身ボルトロス@オボン

184-*-132-144(C実数値-2)-100-135

10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/悪巧み

フェアリーの通りが良いPTなので太鼓マリルリのケアと、ファイアロー・メガボーマンダに対して後投げできるポケモンとして採用。ガルーラガブリアス@1で選出するときに地面の一貫を切るクッション役として選出することが多かった。めざめるパワーはスイクンに後投げしたときに裏の地面タイプと択を仕掛けられ、メガボーマンダへの打点となるため採用。悪巧みの枠は草結びにした方がボーマンダ+マンムーの並びに非常に厚くなるが、プレイングでカバーできる範囲なので採用は見送り。PTのコンセプトとして、相手の受けを崩し裏のポケモンを通せる悪巧みを採用した。

 

f:id:jet_poke:20150717182054p:plainゲンガー@ナイト

167-*-100-191-115-200(メガシンカ後)

シャドーボール/身代わり/滅びの歌/道連れ

もともとこの枠は残飯ギルガルドで使用していたが、対戦オフにおいてピクシーオニゴーリ等のメタを張らないのは嫌いなので採用。受けループに対しては「バンギラスが吠えるを持っていない」かつ「釣り交代を成功させる」と、ゲンガーローブシン(orガブリアス)@1で勝利可能(決勝トーナメント1回戦では釣り交代に自信がなくてそれをせずに負けてしまいました)。北大阪オフではこの枠をf:id:jet_poke:20150923004609p:plain残飯スイクン(身代わり守る瞑想熱湯)で使用。クチート入りに対しても厚くなり、役割範囲は滅びメガゲンガーと変わってないので結果的にはそっちの方が正解だと考えた。

 

f:id:jet_poke:20150923004621p:plainファイアロー@ラム

183-102-97-*-124-151

ブレイブバード/挑発/鬼火/羽休め

PTにガブリアスローブシンを同居させていることから来る特殊フェアリーの一貫を止め、なおかつガルーラガブリアスと組み合わせることで耐久の崩しができ、ガルーラが苦手なゲンガーに対する引き先となるため採用。他には炎タイプがいないクチート入りに対して厚く、見た目の上でバシャーモにも厚い。PTで苦手なところの対策を背負ってくれている。

 

f:id:jet_poke:20150717182125p:plainローブシン@ゴツメ

良い調整の結論が出てないので割愛。腕白HABベース。

ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/叩き落す

このPTにおけるゴツメ枠。ガルーラガブリアスバシャーモマンムーカイリュールカリオバンギラスなど多くの物理ポケモンと打ち合いで勝つことができ、ゲンガーなどの特殊ポケモンにも打点がある。チョッキ想定をされる可能性が高いため、相手目線で特殊に厚く見える。特にこちらのゲンガーの枠をスイクンで使用した場合は、相手の想定を崩せる場合が多かった。HPが少しでも残っていればゴツメ+マッパで相手のガルーラなどに削りを入れられる点が普通のゴツメ持ちよりも優秀。特性は今回根性で使ったが、鉄の拳の方がいいと考えた。

 

〇選出

・関西シングルFESTA

ガルーラ 5/8

ガブリアス 5/8

ボルトロス 5/8

ゲンガー 2/8

ファイアロー 3/8

ローブシン 3/8

 

・北大阪オフ

ガルーラ 7/9

ガブリアス 6/9

ボルトロス 5/9

スイクン 5/9

ファイアロー 2/9

ローブシン 2/9

 

〇感想

今まで自分がガルーラを使った際、「よくわからないゴツメ持ちに負け」ることが多くてなんで自分が使うと弱いんだろうと感じることが多かったが、ガルーラを崩しの要素として考えて裏のポケモンの一貫を作ることを考えると非常に使いやすいポケモンだと感じました。自分はあまり読みを必要としないグロウパンチガルーラや両刀ガルーラしか今のところ使えないので、猫捨身@2のようなガルーラの単体性能を高めた型もぜひ使ってみたいです。

 

〇結果

・関西シングルFESTA 予選6-1で1位抜け後決勝トーナメント0-1 べスト32

・北大阪オフ 予選4-5

共に使用者 ジェット

・激安オフ 予選4-1で1位抜け後決勝トーナメント3-0 優勝

使用者 あみんさん

あみんさん:第2回激安オフ優勝構築(シングル) - Lake Side Report

あみんさんが使用したPTが原案に近く、僕が使用したのはその改良版となります。

 

〇最後に

僕もFESTAではスタッフとして参加させてもらいました。関西シングルFESTA、北大阪オフに参加されたみなさんありがとうございました。この構築の原案を一緒に考えたあみんさん、くりぷとんくん、ありがとうございました。

次は委員会オフに出る予定ですのでよろしくお願いします。