将来もずっとポケモンしていたい

めざせ最強のポケモントレーナー

6th振り返り

自分はORASからレーティングバトルを始めました(それまではいわゆる動画勢でした)

続きを読む

S16 使用構築「計画殺意ガルボルトアロー」最終2111/最高2151

久しぶりの更新になります

個人的に目標にしていた2200到達までブログにレート使用構築記事を書くのはやめておこうと思ったのですが、S16の色々記事を見て自分のようなメタを組んだ人がいると知ってもらうのも良いかなと思い更新します

最高レートは2200に遠く及んでいませんがこれでも自己最高成績ですので、結果は伴っていませんが読んでいただけると幸いです

 

続きを読む

【シーズン14・ラストチャレンジ使用構築】低種族値役割集中

簡易更新。

シーズン14使用構築で、最終2110。

また真皇杯ラストチャレンジ予選使用、5-5で予選落ち。


f:id:jet_poke:20160319182527p:plain


キノガッサ+ファイアローを対面ベースに入れることを考えた。

主な理由として

・2匹とも選出できた際の制圧性能が高い(キノガッサは対クチート入り、ファイアローはガルクレセ・バシャーモ入り)。

キノガッサが圧力が強く、選出読みの助けになりやすい。

キノガッサの呼ぶ草に対してファイアローを刺しやすい。

ことが挙げられる。本来はキノガッサによる選出誘導→ファイアローによる抜きの動きを考えていたが、ファイアロー自体がボルトロスヒードランを呼ぶことなどからガブリアスゲッコウガと合わせて、幅広い役割集中が可能になった。


ガルーラ@ナイト

197-191-135-*-121-124

秘密の力/炎のパンチ/不意打ち/噛み砕く

・準速キノガッサ抜き抜き。

・C222気合玉が93.7%で耐え。

SはABベースのガルーラのミラーを意識。炎パンは構築単位で回答が薄く、格下マッチングしやすいクチートハッサム意識。鬼火メガゲンガーの増加から、ガルゲン1-1を取るのが必須なこの構築では砕くを切れなかった。


ガブリアス@スカーフ

183-182-116-*-105-169

地震/逆鱗/雪崩/寝言

対面系に刺さり、役割集中時の全抜き役、そして展開系へのストッパーとして採用。意地スカガブが依然として多く、陽気スカーフは使いやすかった印象。


ボルトロス化身@オボン

184-*-132-146-100-135

10万/めざ氷/挑発/電磁波

一部のポケモンへのストッパー、初手での起点作成が出来、出し負けない選出が出来る駒で、選出時クッションとして用いることが出来る。ウェポンは呼ぶ地面に刺さるめざ氷とメイン打点の10万に加えて、ストッパーとしての電磁波と一部の特殊構築や個体を切らないための挑発。


キノガッサ@襷

135-200-101-*-80-122

タネマシンガン/キノコの胞子/マッハパンチ/剣の舞

剣舞して試合を詰めることも多く、出せた試合は強かったがその中で何割かは胞子の眠りターンに依存することがあったので積極的に選出するべきポケモンではないと感じた。選出誘導能力の高さは随一。


ゲッコウガ@ラム

149-104-106-146-91-179

熱湯/冷凍ビーム/悪の波動/影うち

A200逆鱗93.7%耐えと最速110族抜きのラインを確保した信用可能ゲッコウガ。終盤多かったカバルドンに対して刺しやすかった。熱湯はドラン・ヒートムなどにゲッコウガアローの役割集中をする際に必要だったり、耐久ベースのアローのブレバを耐えて反撃するのに使った。


ファイアロー@嘴

183-132-92-*-98-153

ブレイブバード/羽休め/挑発/剣の舞

・+2ブレイブバードで無振りガブリアスを確定1発

・A200逆鱗耐え

・準速100族抜き

・C95サイコキネシスが確定4(D方面目安)

バシャーモに弱くなく、受け思考じゃない駒であり、ガルクレセに主な役割を置いたファイアロークレセリアを起点にするための挑発持ち。H-Bラインの硬いガルーラの存在から、+2ブレイブバードの火力に信用を置きすぎてはいけないが十分刺さったと言える。


自分の中で選出誘導と役割集中を十分考え、レートにおけるメタをしっかり貼れたと考えていたが、結果が伴っておらず、真皇杯予選で結果を出せなかったため、今回学んだことを元にまた次の機会に頑張りたいと感じた。